九州グランド・ツーリング 2018 5日目

九州グランド・ツーリング、5日目。

今日はいよいよ別府港からフェリーに乗り、大阪へ戻らなければならない。

阿蘇の宿を出発したら、ひたすらr11 やまなみハイウェイの旅。

今日も天気はイマイチ。結局九州に上陸してから1日を通して晴れている日は無かった。

r11で阿蘇から山を越えて大分県へ入ると初めに訪れるのが湯布院の街。
天気も冴えないし、どこに行くって当ても無かったので、由布院温泉に入ることにしたのだ。

そして向かったのは「山のホテル夢想園」だ。

ここの温泉は以前に一度訪れており、由布岳を望む露天風呂が素晴らしいことは確約されているので向かった。
…が、残念ながら大露天風呂は清掃中で入れないとのこと。
しかしその代わり、貸切露天風呂を追加料金無しで自由に入って良いとのことなので、願ってもないサプライズ。

隣に日本一の温泉街「別府」があるので、由布院温泉自体は名前くらいしか知らない人も多いだろうが、実は別府に次ぐ日本第二位の湧出量を誇る。

素晴らしい温泉を貸切で満喫した後は、再びやまなみハイウェイで別府へと向かう。

「狭霧台」で湯上がりの小休止。
ここから望む湯布院の街と由布岳はやまなみハイウェイの別府〜湯布院間のハイライト的な景色と言ってもいいだろう。

そして恒例のソフトクリームタイム。

天気はイマイチでも、この眺望を前にして食べるソフトクリームはもちろん美味しい。

続いて向かったのは「海地獄」

なんだけど、写真はなぜか饅頭屋の写真1枚。
饅頭の早食い対決をしていたことしか記憶になかった。

せっかくなので別府温泉も満喫しようと向かったのは「別府温泉保養ランド

廃墟みたいな見た目の建物だが、ここは泥湯が有名。
確かに泥湯には泥があるのだが、泥というより落ち葉や枝の方が多く、テレビで見るように身体に塗りたくることは到底無理だった。
特に泥湯でもない普通の露天風呂が落ち葉だらけなのは、清潔感に欠けててイマイチ。
まあ、季節柄落ち葉が多くてタイミング的な問題だったのかもしれないから、要再訪かな。

その後は交通量の多い別府市内を抜けて、トキハ別府店の駐車場に車を停めて、少し市街を散策。

竹瓦温泉も入ろうか迷ったけど、素通りした。

そうこうしているうちに良い時間になったので、別府港へ。
意外とギリギリで乗船手続きを済ませて無事乗船。

「ようこそ別府へ」と言いつつも、別府の夜景が別れを告げていた。

6日目へ続く。