このサイトの目的

「旅を思い出すことは、人生を二度楽しむこと。」

フェリックス・メンデルスゾーン

この言葉はドイツの作曲家が残した言葉で、僕の好きな言葉の一つだ。

昔の記憶がふとした瞬間にフラッシュバックしたことはないだろうか。
子どもの頃に見た風景、聴いた音、感じた風、嗅いだ匂い、出逢った人・・・
でも、それがいつ、どこで、誰と、何をしに行った時の光景なのかなかなか思い出せず、悔しい思いやモヤモヤした感情を抱くことがある。
それに、そもそも実際にフラッシュバックする光景なんて、今まで過ごした時間からすればほんの一部にすぎないだろう。

人間は美しい景色や、新しい人に出逢ったりしても、よほどでない限り案外あっさりと忘れてしまうものなのです。

でも思い出すキッカケがあれば、そうとは限らない。

だから、素晴らしい想い出からなんてことのない日々のコトまでを記録し、私自身が「想い出の旅」をするためにGT Journalをつくりました。

このサイトについて

このサイトは、管理人の記憶補完を目的に作成した、いわば個人の旅日記で情報提供サイトではありません。
旅行のまとめでは当時の旅の雰囲気、気分などに沿って文章を書いているため、文体はバラバラです。また、筆者の記憶をもとに思い思いに書いているので、文章を書き直すことも基本的にはありません。なので、誤字脱字や、文章が稚拙だったり、不適切だったり、間違った情報もあるかと思いますがご容赦ください。誤字脱字や誤情報は気付いたら出来る限り直します。
とはいえパブリックに公開している以上、なるべく他人が見て参考になるような情報は入れていきたいのですが、写真を撮るときも気分次第なので重要な場所で写真が無かったり、写真はあっても知識が無かったりとなかなか参考になるような情報は少ないです。
僕自身としては、なんとなく旅の雰囲気を感じてくれたり、旅に出たい!という気分になってくれたら幸せです。

このサイトのコンテンツについて

このサイトにアップロードされている全ての写真、画像、文章などの全てのコンテンツの無断転載は一切お断りします。
万が一にでも使いたいという方がいましたら、直接ご連絡ください。

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。

お問い合わせ先

Mail : gt-journal@outlook.com

Twitter : GT Journal by RyOh