北海道グランド・ツーリング 1日目

今年の夏も、グランド・ツーリングに出た。行き先は北海道。

北海道を訪れるのは人生で3回目だが、もちろんZで走るのは初。
四国の時は「気の向くままに1周しよう」などという適当な計画で走ったが、北海道は広大でさすがにそうもいきません。
というわけで、ある程度計画を立てて行こうと思っていたのですが、結局出た結論は「大まかに1周しようか」なんですね(笑)

今回のグランド・ツーリングでも、あてもなくひたすら走り続けます。それでココロが満たされるのだから・・・

午前1時に自宅を出発。

関越道に入り、ノンストップで距離を伸ばしていく。

深夜の高速道路というものは、どうしてこうも非日常的なんだろうか。
それがましてや、最北端へ向けた旅の出発ともなればなおさらだ。

新潟西ICでアウト。

354.1/33.12=10.69km/L

お気づきの方もいらっしゃると思うが、北海道へのアクセスは新潟から出ている新日本海フェリーを使うことにした。
特別なこだわりは無いのだが、一番の理由は「安いから」だ。
出発の1週間くらい前に、青函フェリー、津軽海峡フェリー、商船三井フェリーなども考慮に入れて検討した結果、高速料金・燃料費を比べても新日本海フェリーが一番安い。
まあ、これはZの場合であって、もっと燃料費が安くて燃費の良い車ならその限りではないだろう。

そしてこれが、小樽までボクとZを連れて行ってくれる10:00発の「ゆうかり」だ。

やはり「大きい」
船旅は大好きで、今まで「ぱしふぃっくびいなす」や「飛鳥Ⅱ」などの日本を代表する豪華客船にも乗ってきたが、この大きさ感覚は未だに慣れない。
そして、乗船前のワクワク感も変わらず、これからの旅に大きな期待を抱く。

多くの乗用車が2Fの車両甲板へ消えていく中、Zは「車高短車両」と判断され、Z34やNDロードスターと一緒に1Fのトラック用甲板へ案内される。

純正車高なので擦ることはないだろうが、荷物をぶつけられたりする心配がないのでこちらに案内したのだろう。
サイドブレーキをしっかりと引き、ギアをRに入れ、ロックする。

〜そして、旅立ちの時〜

さらば、本州。しばしの別れだ・・・

この日はシャツ1枚で丁度良い気温の心地良い風が吹いていた。
北海道はどうだろうか。やはり寒いのだろうか。いろいろな考えが巡り、これがまた楽しいのだ。
天気は曇りだが、晴れやかな気持ちで旅に出る。遙か北へ向かって・・・

船に乗ると、時間の大半をデッキで過ごすくらいデッキが好きな自分だが、「強風」を理由にデッキが封鎖されてしまった。
仕方が無いので、夜中から何も食べていない腹を満たすべく、かけうどんを食べる。

究極にシンプルなかけうどんだが、こういうのがまた美味いのだ。
出来ればデッキに持って行って食べたいものだが・・・

デッキが封鎖され、何もすることがなくなったボクはベッドに戻って眠りについた。

2日目へ続く・・・

BGM : Now Endeavor – Dirt Road Path

前の記事

ドイツ旅行 6日目